この季節の恒例行事、それは、お布団との格闘

だんだん寒くなってきました。厚着をするなど暖かい服装をしたり、温かい食べ物を食べる機会が多くなる時期です。また、毛布を掛けて寝るなど、掛布団の数も増やして、暖かくして眠るようにもなりました。毛布と掛布団を掛けるとぬくぬくと眠ることができるのですが、反対に困ることもあります。それは、ベッドメイキングが面倒ということです。私はいつも、午前中にベッドメイキングをして、夜すぐに寝られるように準備をするのですが、これが一苦労であまり得意ではないのです、まず、毛布を敷き、その上に掛布団を掛けて二つ折りにするのですが、1回で綺麗に出来ることがありません。また、面倒くさいと思いながらも、2つの布団の端を揃えるなど自分なりのこだわりもあり、毎朝憂鬱になってしまいます。そして、意外にも息切れがするほど重労働なのです。私が運動不足なだけかもしれませんが。毎年毎年、面倒くさいと思いながらも、暖かくして眠りたい一心でベッドメイキングをしています。ちなみに、もう1つ困ることがあり、それは、布団から出たくなくなることです。寒いから出たくないと葛藤しながら、気合を入れて起きる毎日です。お金借りる 急ぎ

やるべきことが終わった途端に何をすればいいのか分からなく変わる

「おぉー、行えてる叶いてる」
 N・Hが張り替えたばかりの網戸の出来栄えをチェックしにきた。
「カップルとも、満足だよ。こういう網戸が講堂を住み喜ばしい残余に保って受け取る最初枚に達するハズ」
 網戸の張り替えうち大層N・Hは丁寧に評価してくれた。重要な変事指令を遂行したかのように私達はちょっぴり有頂天になった。
「数字的には、何要所ぐらいですかね」
「百要所満点と言いたい位置だけど、うーん、まぁ、85要所くらいかな。今しがた窓から寝転がってるのが見えたから15要所減点」
「ホンマですか……」
 N・Hは命令要所を喋ると颯爽と踵を返した。私達はきたばかりでステップにのぼり過ぎたと反省した。
 自身とM・TはN・Hの後を追っていくと、和室の深層の六畳間にN・Hは今しがたまでの自分達と同じように仰向けに寝転がっていた。
「あのー、Hちゃん。我ら、今日は何して過ごせば良いですかね?」
 いよいよ忙しさから解放されてみると、やっぱり落ち着かなかった。増してや慣れない道場のくらし初日。当然と言えばもちろんかもしれない。カードローン 審査 コツ